ごあいさつ

この度は、ホームページをご覧いただきありがとうございます。
私は、2代目になります森山直也です。1981年生まれです。
東京日建工科専門学校を卒業し、建築会社、ガス会社を経て現在に至ります。

鹿児島市で約50年に渡り、地域に根ざした表具店(内装店)として、父がふすま張りを主に、クロス内装工事をしてきました。
しかし、和室が少なくなり、洋室が増えてクロス張り工事が多くなりました。
クロス張りも、オシャレな空間になり、キレイになります。しかし、居心地の良い空間にはなりません。
昔の和室はふすま、障子、畳、木や塗り壁が使われて、材料自体が呼吸をしていました。それぞれ湿度調整し、空気を浄化してリラックスできる居心地の良い空間になっていました。
そんな気持ちの良い空間にしたいと思い、マシュマロタッチの取扱い施工をするようになりました。
クロスの空間とマシュマロタッチの空間では空氣質が違います。

お客様の優先順位やお好みに合わせて、クロス張りもマシュマロタッチ塗りも対応しています。
住む方にとって一番満足できる空間づくりを目指していきたいです。